加齢黄斑変性

滲出型加齢黄斑変性症とその治療

眼のしくみ

眼のしくみ

網膜(もうまく)
眼の奥にある薄い膜。カメラでいうフィルムの役割を果たす。
中心窩(ちゅうしんか)
黄斑の中央にあるくぼみ。ものが最もよく見えるところ。
黄斑(おうはん)
網膜のほぼ真ん中にある。
ものの細かい部分や色を見分ける働きをもつ細胞が集中している。

加齢黄斑変性症とは

加齢黄斑変性症とは

  • 網膜の真ん中にあり、ものの細かい部分や色を見分けるのに重要な部分である「黄斑」に、異常が生じる眼の病気。
  • 失明につながる病気で、加齢(老化)が主な原因。

加齢黄斑変性症は増加中

欧米では成人失明原因の第1位

  • 米国では約175万人(2004年の調査結果より)。
  • 視力が短期間で急激に低下し、失明にいたることも多い

日本でも増加中

  • 50歳以上の方の滲出型加齢黄斑変性症の有病率は、1.3%(2007年, 久山町研究)。1998年は0.9%。
  • 日本での滲出型加齢黄斑変性症の患者さん数は、推定70万人。
  • 喫煙が大いに関与している。
  • 増加の原因は、人口の高齢化や生活様式(特に食生活)の欧米化と考えられている。

加齢黄斑変性症 2つのタイプ

滲出型(ウエット型)

  • 網膜の外側から異常な血管「新生血管」ができ、網膜に浮腫(むくみ)や出血を起こし、急激に視力が低下する。
  • 早期から症状がでる。
  • 失明する人の大半がこのタイプで、日本人に多い。

萎縮型(ドライ型)

  • 黄斑が萎縮する。
  • 進行が遅く、ゆっくり視力が低下する。
  • 欧米人に多く、日本人に少ない。

滲出型加齢黄斑変性症の黄斑

滲出型加齢黄斑変性症の黄斑

  • 網膜の重要な部分である黄斑に異常な血管(新生血管)ができる。
  • 新生血管はもろく、すぐに壊れて出血を起こす。

滲出型加齢黄斑変性症の症状

  1. 部分的、または中心が暗く見える。
  2. 視界がゆがむ。
  3. コントラストが低下する。(ものが薄く見える)
  4. 視力が急激に低下することがある。

正常
正常

滲出型加齢黄斑変性症
滲出型加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症の原因

環境原因

  • 喫煙
  • 偏った食生活(野菜、果物など抗酸化作用のある食物の不足、“悪玉”と呼ばれる脂肪の過剰摂取)
  • 紫外線
  • 運動不足、肥満

経年的原因

  • 年齢
  • 白内障手術

遺伝的原因

  • 遺伝/家系
  • 女性
  • 人種(白人)
  • 虹彩の色が明るい

Wang JJ et al. 2000, Van Leeuwen R et al. 2003, Buch H et al. 2005, Seddon JM et al. 2001, Seddon JM et al.
2004, Cho E et al. 2004, Beatty S et al. 2000

加齢黄斑変性症の診断検査

診断検査① アムスラーチャート

診断検査② 視力測定

診断検査③ 眼底の検査

  1. 細隙灯顕微鏡
  2. 眼底写真撮影
  3. 光干渉断層計
  4. 蛍光眼底造影

診断検査① アムスラーチャート

アムスラーチャートを用いた自己チェック

自己チェック1

  • 30cm離れて見る
  • 片目ずつチェックする
  • 老眼鏡をかけたままチェックする

自己チェック2

加齢黄斑変性症の場合の見え方

  • 線がぼやけて薄暗く見える
  • 中心がゆがんで見える
  • 部分的に欠けて見える

診断検査② 視力測定

小数視力検査表

小数視力検査表

ETDRSチャート

ETDRSチャート

ETDRSチャートでは、視力が低い方の
わずかな視力変化が、
小数視力検査表よりわかる。

ETDRSチャートでの視力変化

例)

ETDRSチャートでの視力変化1

このときから比べると

ETDRSチャートでの視力変化2

13文字視力が低下している

診断検査③ 眼底検査

1.細隙灯顕微鏡による検査

眼底に光を当て、網膜の病気の部分を拡大して調べます。
滲出型加齢黄斑変性症の場合、滲出液、出血、網膜のむくみなどの症状が見つかります。

眼底写真撮影

2.眼底写真撮影

眼底カメラにより、眼底のカラー写真を撮影します。
散瞳薬を用いる場合と、暗い部屋での自然散瞳を利用する場合があります。

光干渉断層計(OCT)による検査

3.光干渉断層計(OCT)による検査

網膜の断面の状態を詳しく調べます。
滲出型加齢黄斑変性症の場合、網膜剥離(網膜がうき上がる)、網膜のむくみ、新生血管(異常な血管)などが見つかります。

蛍光眼底造影検査

4.蛍光眼底造影検査

蛍光色素を含んだ造影剤を腕(静脈)から注射し、眼底カメラで眼底の血管の異常を検査します。
新生血管(異常な血管)や、新生血管からもれた血液がどこにあるのかがわかります。

加齢黄斑変性の治療方法

「滲出型」の治療

抗VEGF療法という新生血管を沈静化させる薬を硝子体内に注射する方法が一般的です。

その他にも、光に反応する薬剤を体内に注射し、それが新生血管に到達したときに弱いレーザーを照射して新生血管を破壊する「光線力学的療法」、新生血管をレーザーで焼く「光凝固法」などの新生血管を破壊することで黄斑へのダメージを食い止める外科的治療もあります。

抗VEGF療法

抗VEGF療法

光凝固法

光凝固法

新生血管の大きさや場所によっては、早期に発見できれば治療後の見えない部分を最小限に抑えることができ、視界にほとんど影響がなくてすみます。日頃から、片目ずつモノがゆがんで見えないかチェックして、早期の発見に努めましょう。

「萎縮型」の治療

治療法は確定していません。
ただし、「滲出型」に移行して急激に視力が低下することがあるので、定期的な検診が必要です。

早期発見・早期治療が大切

早期発見

アムスラーチャートで日頃から自分でチェックする。

早期治療

特に生活習慣病の方は日頃から眼の症状に注意し、加齢黄斑変性症が疑われる場合は、眼科専門医に早めに相談する。

加齢黄斑変性症の予防①

  • 禁煙は非常に大切です。
  • 滲出型加齢黄斑変性症の症状発生の予防のために、サプリメントを服用する場合があります。

加齢黄斑変性症の予防②

  • 食事、運動、ストレスなど、生活習慣に気を配る。(亜鉛や抗酸化ビタミンが多く含まれている食品をとるように心がける)
  • サングラスをかける。

バランスのとれた食事で目の健康を保ちましょう。

ほうれん草など緑黄色野菜に多く含まれているルテインという成分の摂取量が少ないと、加齢黄斑変性を発症しやすいという関連性が指摘されています。目や身体全体の健康維持のためにも、普段から緑黄色野菜を十分にとり、バランスのとれた食生活を心掛けましょう。

上へ
下へ